東北被災地復興支援のための音楽会。無声映画「笑う男」とフランス八重奏団とのシネ・コンサート


フランス八重奏団による『笑う男』シネ・コンサート実行委員会事務局:三村兼哉
2015年6月10日までは日本に滞在します御用の方は080-3526-5001までお願いします


復興釜石新聞記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
「復興釜石新聞」の記事を読みながら(桜色)の曲をyoutube動画でご覧ください。この曲は著作権フリーです。
このような地道な活動を続けている音楽家の皆さんを支援したいと思います。

(桜色)Lily樹 リリージュ

https://www.youtube.com/watch?v=-6KslpeXF4s&list=UU4MgaK87SG3PIFaDUkWrHyg&index=1

復興への願いを込めて〜東北被災地より 

作曲・ピアノ:赤津ストヤーノフ樹里亜

作詞・振付・ダンス:Lily 野夕梨(のゆり)

収録:2014年7月13日(岩手県釜石市長内集会所)

主催: NPOガバチョ・プロジェクト(山崎眞行)

協力:認定NPO法人「国境なき子どもたち」(KnK) www.knk.or.jp/
   弦楽器商クレシェンド(三村兼哉)

歌詞は新聞記事の下に掲載しました。

<歌詞>
春風に身を任せ ゆらゆらと揺られながら
穏やかな微笑みを 浮かべている桜の木よ

ららら・・らららら・・ ふわり優しく
ららら・・らららら・・ 花を咲かせる

目を上げて 耳澄ませ 聴こえてくる 笑い声
声を合わせ 心重ね  手をつなげば ひとつになる

あなたがいる いつもそばに・・
この心に

<桜色への想い>

めまぐるしいスピードで変化をとげる現代を生きる私たちは、時に自分を見失い、将来へ­の不安に押しつぶされそうになることがあります。そんな私たち一人一人の心があたたか­い桜色に染まりますように。

当たり前のように思うけれど、今日もここに生かされ、喜びや悲しみを分かち合える仲間­がいることをもう一度思い出すことができますように。

『桜の木を囲んでみんなで歌える曲を作ってほしい』
東日本大震災で被災され、避難生活を送られている方々の願いから「桜色」は生まれまし­た。やわらかい桜色の光に、私たちはいつも包まれていることを忘れずにいられますよう­に…